強い毛根に育てる為の薄毛治療~フサフサの髪の毛になろう~

食い止める方法

薬

多くの成人男性を悩ませる薄毛ですが、薄毛になったからといって症状が一気に進行してしまうわけではありません。進行パターンは人により違えど、どのタイプでも症状は時間をかけて少しずつ進行していきます。そのため、異常や違和感に気づいたらすぐに薄毛治療を考えるのが適切です。薄毛治療を受ければ薄毛の悩みを効果的に解消することができますが、始めるタイミングが早ければ早いほどおすすめです。なぜなら、早めに始めることで薄毛治療で得られる効果は高くなり、治療にかかる費用は安く抑えることができるからです。
安く済ませようと市販の育毛剤やサプリメントを利用する人も多いのですが、なかにはほとんど有効成分が配合されておらず効果が期待できないものもあります。まったく効果のないものにそれなりのお金をかけるよりは、効果が期待できる治療にお金をかけたほうがよいのではないでしょうか。医療機関であれば、自分が抱えるコンプレックスの相談や、対策法のアドバイスなどを受けることも可能です。

薄毛治療にはいくつかの方法がありますが、なかでも服用タイプの薄毛治療は多くの男性から利用されています。服用する治療薬には薄毛改善に有効な成分が豊富に配合されており、続けて服用することで少しずつ症状を改善していくことが可能です。
有効成分には、”プロペシア”や”ミノキシジル”などがあります。

プロペシアはもともと前立腺肥大症を改善する医薬品として開発されたものです。これには”ジヒドロテストステロン”という男性ホルモンの働きを抑制する力があります。
ジヒドロテストステロンは、薄毛や抜け毛の原因となるもののひとつです。男性ホルモンであるため男性の体内に多く存在しており、男性に薄毛の人が多いのはこのためです。何らかによって体内にジヒドロテストステロンが増えることで、薄毛や抜け毛といった頭部のトラブルが発生することになります。
プロペシアを服用すると、体内にある”5a-還元酵素”の働きを抑制することができます。この働きによってジヒドロテストステロンの生成がストップし、結果として薄毛を改善することができるのです。ただし、男性ホルモンの生成を抑制するプロペシアは、男性ホルモンの増加が原因で薄毛となってしまった場合にのみ有効な成分です。そのため女性には適しておらず、男性用として利用されています。

ミノキシジルは、対高血圧として開発された成分です。そのため血管を拡張する作用を持っており、血行不良などが原因で薄毛となってしまった人に有効です。
薄毛改善のメカニズムはまだ具体的に説明されているわけではありません。しかし、血管を拡張させることで頭皮や毛髪まで栄養分をしっかり送り届けることができるようになったため、薄毛や抜け毛を改善できるのではないか、と考えられています。
男性ホルモンの量などに問題がなくても、頭皮や毛髪の状態によって薄毛となってしまう人も少なくありません。頭皮が汚れていたり、頭皮や毛髪に栄養を与えることができなかったりすると、頭皮状態や毛髪状態は悪くなっていきます。これらが健康な状態を保てなくなることで、やがて毛は抜け落ちてしまうのです。

このように、薄毛となる原因によって効果を発揮する成分は異なります。