強い毛根に育てる為の薄毛治療~フサフサの髪の毛になろう~

進行パターン

お医者さんに相談

成人男性に多く見られる頭部の悩みとして、薄毛があげられます。薄毛は本人にとって非常に深刻な問題です。なぜなら頭部とは、周りから見て目につきやすい部位であるからです。オシャレをするとき、ヘアセットやヘアメイクをする人は多くいます。髪型や髪色を変えるだけで大胆にイメチェンできたり自分に自信を持ったりと、さまざまな効果が得られます。それだけ、頭部とは重要な部位なのです。
自信喪失になりかねない薄毛。これには進行パターンがあり、パターンによって効果的な薄毛治療の方法などが異なります。いくら薄毛治療を受けたとしても、自分に合っていないものを選んでしまうと意味がありません。せっかく支払ったお金をムダにすることがないように、しっかり自分の”薄毛進行パターン”を把握しておきましょう。
進行パターンは大きく分けて3つあります。それが、”A型・U型”と”M型”、”O型”の3つです。

A型・U型の薄毛は、額部分から始まっていくパターンです。東洋人の場合はこのパターンが多く、額の生え際にある毛髪が薄くなるため自分で気づきやすいといえます。軽度の場合だと多少額の幅が広くなる程度ですが、重度になると誰の目から見ても薄毛が分かるほど毛髪が抜けていきます。A型の薄毛は帽子などをかぶって隠すことも難しいため、早めに薄毛治療を受けて改善することが望ましいでしょう。
M型の薄毛は、こめかみ部分から始まっていくパターンです。A型・U型と同様に前頭部から始まるタイプですが、M型の場合は額の真ん中部分の毛髪は残ります。アルファベットのMを描くようにこめかみ部分のみ薄くなり、症状が重度になると頭部全体の毛髪がなくなっていくという流れになります。M型は白人によく見られるタイプだといわれています。パッと見て薄毛だと気付きにくいのですが、少しでも異変を感じた場合はすぐに医師に相談することが望ましいといえます。
O型の薄毛は、頭頂部から始まっていくパターンです。日本人男性にはこのタイプが多く、自分で気づいていない人も多くいます。頭部のてっぺんは自分で見ることが難しく、症状が軽度のときは鏡で見てもとくに違和感を感じることがありません。そのため症状が進行してから気付く、もしくは他人から指摘されて気付くというケースが非常に多いという特徴があります。O型の場合は帽子などをかぶれば綺麗に隠すことができますが、仕事中など帽子をかぶれないときは非常に困ってしまいます。例えばお辞儀をしたときなどに他人から見られてしまう部位なので、これをコンプレックスに感じる男性も多いといわれています。

どちらにせよ早急な薄毛治療を行うことが非常に大切です。いくら医師といえど他人に相談するのは恥ずかしいと感じ、なかなか相談に行かない男性も多くいます。また、育毛剤などを使って自分でどうにかしようと考える男性もいます。ですが症状を効果的に改善するためには薄毛治療が最も適切で、誤って症状を悪化させてしまったなどということもありません。
日本で暮らす男性の多くが薄毛で悩んでいるとされているため、思い切って医療機関で治療を受けてみるとよいでしょう。